宅建の資格を取れば就ける職種が広がる|就職に有利

女の人

宅地建物取引士の受験準備

一軒家

準備方法や費用学習時間

宅建の資格はとても人気がありますが、受験のための準備については独学による方法と予備校や通信講座を利用する方法に分かれます。まず、独学による方法ですが、予備校や著名な出版社が出版する参考書を基本書として利用し、過去問集などで過去問に数多く当たるという学習方法が一般的です。さらに直前期には予想問題集で仕上げをしたり、模擬試験だけ予備校を利用する方もいます。次に予備校や通信講座を利用する場合の準備ですが、提供される学習教材にしたがってそれらをこなしていく方法になります。この場合も基本的な学習内容が説明されている基本書に過去問ベースの問題集による演習、さらに予備校が作成したオリジナル問題集や予想問題集を解いて、模擬試験で仕上げるという学習パターンが一般的です。費用についてですが、独学の場合は参考書などでおよそ1万円前後というのが相場です。予備校や通信講座にかかる費用は様々ですが、概ね3万円前後から10万円ほどの範囲となっています。この差については宅建資格の受験経験や法律系の資格を勉強したことがある方向けの内容は初学者に比べると内容が少ないために生まれます。尚、通信講座のほうが予備校よりもかかる費用は安い傾向にあります。宅建資格に合格するために必要な学習期間ですが、概ね6か月ほどと言われています。これは実際に必要な時間に換算すると約300時間ほどです。宅建の主要な出題範囲である民法の学習経験者の場合、これよりも少ない学習時間で合格する方もいます。さらに学習に必要な時間の長短は集中力や理解度によっても異なり、人によって差があります。